「子どもクラスだより」から ~その3~ 卒会生の保護者より

2019.01.17 23:24|保護者の声
「子どもクラスだより」から ~その3~ 
卒会生の保護者より②

☆娘が土曜クラスに入会したのは2年生の終わり頃でした。親子共々何もわからず未知の世界ではありましたが、今こうやって卒会を迎えることに不思議なご縁を感じます。娘にとっては土曜クラスで過ごす時間は初めからとても楽しかったようです。
 土曜クラスの何がいいのか聞いてみたら『ここには嫌なことがないし嫌な人も一人もいない!』と答えました。6年生になり今は休会中ですが、家で勉強している合間も毛糸で小さな小物を作っては息抜きをしています。土曜クラスに戻る日を楽しみに待っています。何年経っても無知なままの私をいつも温かく仲間に入れて頂ける保護者の皆さまに感謝です。そして、私と娘を土曜クラスに結びつけてくれた15年来の友人に感謝しています。


☆娘は3年生からお世話になりました。1年時に一度担任の先生と面接させていただいていたのですが、親の都合で通えず、念願叶っての入会でした。初回、オイリュトミーを終えて下りてきた娘は、当たり前に前からいたようにすんなりとそこに馴染んでいました。年に一回の運動会の日以外は休まずに、呼吸を繰り返すように通っていたので、日々の生活で越えねばならない峠も穏やかに自分の力でしのいでいたように思います。
 季節ごとの祝祭を土曜クラスのみんなで体験することで、世界の中の自分自身、目の前の世界、となりのみんなを感じ、自由を体験していました。私自身は、先生の祝祭の勉強会も喜びと力になりました。
 敬愛する先生方、ユニークで聡明な保護者の方々との交流もわたしの宝です。ここで過ごしたことがいかに、娘の命の水であるか、感謝とともに、みなさんの未来を楽しみに思っています。ありがとうございました。

                                                           桜2
| 2020.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

よこはまシュタイナー教育の会

Author:よこはまシュタイナー教育の会
ルドルフ・シュタイナーの教育芸術の実践と普及活動を目的とした会です。

第2七年期の子どもを対象としたシュタイナー教育の場「子どもクラス(土曜クラス)」の運営母体であると共に、子ども達の成長を見守り、この活動を支える大人のアントロポゾフィー(人智学)の認識を深めるための学びの会です。

最新記事

月別アーカイブ

目次

カテゴリ

お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カウンター

ようこそ土曜クラスのブログへ

ページトップへ