2016年3月 勉強会のお知らせ

2016.01.17 05:31|勉強会

  ~ シュタイナー医学から見た ~
思春期の子どもの心と身体

 いわゆる思春期にはいると、それまでは小さくて守るべき存在であった我が子も、身体つきが大きく変わるのみでなく、理由もなくイライラしたり心も不安定になったりと、その変化に戸惑う保護者のかたも多いはず。思春期の子どものこころと身体の発達や変化について、神之木クリニック院長の山本忍先生にアントロポゾフィー医学の視点からお話していただきます。世の中にはいろいろな情報があふれていますが、思春期の子どもの身体で起きているプロセスと、精神に起きているプロセスの関連性やそのケア、家族の関わり方などを、アントロポゾフィー医学の視点で、また様々な医療現場での豊富なご経験を踏まえ、ざっくばらんにお話しいただきます。
尚、保育の用意はございません。ご自身でお子様の見守りをお願いいたします。


講 師: 神之木クリニック院長  山本 忍先生

【講師プロフィール】
やまもと しのぶ 
千葉県生まれ。東京医大卒。
1995年「医療と福祉を結ぶ」をテーマに神奈川区に建設された福祉マンションの一角に神之木クリニックを開設。
地域医療への貢献とともに、アントロポゾフィー医療の実践にとりくんでいる。
日本アントロポゾフィー医学のための医師会幹事。日本ホリスティック医学協会理事。NPO法人マグノリアの灯理事長。

*本講座は満席につき、申込受付を終了いたしました

参 加 費: 1500円 (よこはまシュタイナー教育の会会員1000円)

日  時: 2016年3月6日 日曜日 10:00~11:30(予定)

会  場: 横浜シュタイナー学園 十日市場校舎map-tookaichiba.png
JR横浜線 十日市場駅より 徒歩約10
※駐車場はございません。公共交通機関または近隣有料駐車場をご利用ください

申込方法: 住所、氏名、連絡先(電話番号・メールアドレスなど)、参加人数 を
      Eメールまたは電話にてお知らせいただき、お申込みください。

問合せ・申込先 : 
      E-mail:y_s_saturday_class@yahoo.co.jp 
      電話 :筒井 (090)9810-7578


テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育

| 2016.01 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

よこはまシュタイナー教育の会

Author:よこはまシュタイナー教育の会
ルドルフ・シュタイナーの教育芸術の実践と普及活動を目的とした会です。

第2七年期の子どもを対象としたシュタイナー教育の場「子どもクラス(土曜クラス)」の運営母体であると共に、子ども達の成長を見守り、この活動を支える大人のアントロポゾフィー(人智学)の認識を深めるための学びの会です。

最新記事

月別アーカイブ

目次

カテゴリ

お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カウンター

ようこそ土曜クラスのブログへ

ページトップへ