イースター&手仕事講座

2018.06.12 21:20|祝祭
イースター
土曜クラス、新年度が始まりました。

年度最初の行事は4月7日のイースター。
上級生が卵を隠し、下級生たちが探し出してゆきます。
草の中、木の根元、花壇、そして木の枝の上にまで。
こどもたちは、森に棲む妖精だったのを思い出したかのように
木に登ってゆきました。
見つけた卵は、こどもたちや家族のおなかの中へ消えてゆくのでした。

そしてゴールデンウィーク前の4月28日より、おたのしみ手仕事講座が始まりました。
3回の講座を通して、クリスマスの季節のテーブルを作ってゆきます。
1回目は羊毛の天使。柔らかく梳いた羊毛と金の糸と、お母さんたちの手から天使が生み出されてゆきます。
新学期を迎えたこどもたちを支えてきたお母さんにとって、きもちがふっとゆるんだ時間になったようです。

2回目の手仕事講座は、6月23日(土)10時からとなっています。
場所は、横浜シュタイナー学園1F おひさまの部屋です。
羊毛を骨組みに巻き付け、羊やロバや牛を作って持ちかえっていただけます。
6月はクリスマスから見てちょうど対極の時期です。
ぜひお子さんと一緒に、季節のリズムを感じにいらしてください。

2回目の講座の申込み締切は6月20日までとなっています。
お子様連れでご参加できます。お気軽にお申込みください。
お申込み:よこはまシュタイナー教育の会 e-mail:y_s_saturday_class@yahoo.co.jp
件名に「季節のテーブル作り申し込み」と入れていただくと助かります。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育

ヨハネ祭

2014.06.29 16:59|祝祭
6月28日(土)

恒例のヨハネ祭を行いました。
今年はあいにくの雨で学園の教室内で行うこととなりました。
土曜クラスの歴史の中でもヨハネ祭を教室内で行うのは2回目だそうです。


ヨハネ祭2014 


焚き火こそありませんでしたが、小学1年生から中学1年生までが先生たちと楽しく歌い、踊りました。
その後、皆でパンと野菜の食事をいただきました。
例年とは異なるプログラムでしたが、聖ヨハネの誕生日を皆で楽しくお祝いしました。



ヨハネ祭2014 ヨハネ祭2014 






ヨハネ祭とは



ヨハネ祭2014 


ヨハネ祭は、夏至を祝うお祭りです。

夏の夕べのひととき、例年は河原で「太陽の輪くぐり」や

たき火を囲んで歌ったり踊ったり

みんなで楽しみます。



「まずは雨で残念です。夏至の火を飛び越える行事は毎年やっていたので…。
ただ、お集まりの時間はシュタイナー教育ならではの美しい時間でほっとさせられました。来年こそは晴れて!」
(一年生男子保護者)

復活祭の卵探し(4月28日)

2012.08.02 14:25|祝祭
雨続きだったのでお天気が心配でしたが、当日は良く晴れてくれました。

卵は前日にお母さんお二人が紅麹で赤く染め、金の文字を一つ一つ丁寧に描いてくださいました。

場所は近くの公園です。
係りのお父さん、お母さんと中学生のお姉さんが早めに行って卵を隠してくれました。

卵さがし小



授業が終わり、十日市場のニワトリさんが卵を落としてしまったから探しに行こうねと
簡単なお話をして、一年生から順番に出発しました。

卵は木の根っこのかげから、高い木の枝の上にも隠してあります。
「あった、あった」と子供たちはつぎつぎに見つけます。
高い木の枝にある卵は高学年のお兄さんたちががんばって取ってくれました。

小さい子は両手で卵を持ち、皆大事そうに卵を持って帰りました。
短い時間でしたが子供たちは楽しい時間を過ごすことができました。

テーマ:子供の教育
ジャンル:学校・教育

| 2020.07 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

よこはまシュタイナー教育の会

Author:よこはまシュタイナー教育の会
ルドルフ・シュタイナーの教育芸術の実践と普及活動を目的とした会です。

第2七年期の子どもを対象としたシュタイナー教育の場「子どもクラス(土曜クラス)」の運営母体であると共に、子ども達の成長を見守り、この活動を支える大人のアントロポゾフィー(人智学)の認識を深めるための学びの会です。

最新記事

月別アーカイブ

目次

カテゴリ

お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カウンター

ようこそ土曜クラスのブログへ

ページトップへ