ごあいさつ&今後の公開行事等

2020.01.01 00:00|TOP
土曜日のシュタイナー学校「土曜クラス」の活動をお伝えするブログにご訪問いただきありがとうございます。

土曜クラスでは、親と子のための「生き生きとした体験と学び」、小学1年〜中学2年生までの8年間に欠かせない「心の栄養」を求めて活動しています。

ご入会をお考えの方、興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。体験、見学等も随時行っています。また、どなたでもご参加いただけるオープンデイやワークショップなどの公開イベント、大人の学びのための講座も開催しています。

そして、もしご入会をお考えであったら、この土曜クラスの活動内容は、できるだけお子さんには知らせず、ヒミツにしておくことをお勧めします。クリスマスプレゼントが何かを教えない、サンタクロースのように。

そのかわり、お子さんと一緒に、どうぞ土曜クラスのイベントに足をお運びください。子どもたちは、土曜クラスでどんな宝物を見つけるでしょうか。

新しい出会いを楽しみにしています。

よこはまシュタイナー教育の会(土曜クラス)
E-mail: y_s_saturday_class★yahoo.co.jp (★→@に替えてください)

・・・今後の予定・・・
2017/9/8(金) 9/11(月)”花の妖精” ワークショップ 
横浜シュタイナーこどもの園  「てしごとひろば」にて お申込みはこちら

2017/11/12(日)オープンデイ 

体験授業、入会説明会、手作り品販売、ワークショップなど…。

【公開講座レポート】子どもの手仕事を大人も体験してみよう ~棒針編み~

2017.07.22 10:00|勉強会

子どもたちはどのように手仕事を学び、それは心とからだの育ちにどんな意味があるのでしょうか。

教師による手仕事講習会が開催されました。今回は「棒編み」をテーマに、母親同士で実際に授業を体験しました。

17070802



なんと編み棒を手作りするところから始まります。紙やすりで棒を滑らかにしていると、道具に自然と愛着が湧いてくるものです。

17070803

17070801



授業のメインは「作り目のつくり方」。手指を鳥に、糸を枝に見立てて、”トリさんの物語”に合わせて作り目の動きを覚えるというもの。


編み物経験者でも、お話の世界に包まれた教え方にうなづくばかり。

17070804


手仕事は、自分の手で一つのものを完成させようとする意志が働きます。美しいものに仕上げるためにバランス感覚が養われ、作業を繰り返すことで集中力が高まります。そして出来上がったときには確かな自信になるのです。

手の指は10人の小人たち。好きな色で身の回りの実用的な小物をつくる手仕事は、「世界を自分の手で創り上げる」という意志を育む最高の機会になるのですね

  

17070805


ご好評につき、9月以降に”続き”を企画しています。お楽しみに!


・・・今後の予定・・・


横浜シュタイナーこどもの園  「てしごとひろば」にて
 お申込みはこちら
※9/8は残席わずか、9/11は満席です。キャンセル待ちにて、お受けいたします。




2017/11/12(日)オープンデイ 
体験授業、入会説明会、手作り品販売、ワークショップなど…。

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

よこはまシュタイナー教育の会

Author:よこはまシュタイナー教育の会
ルドルフ・シュタイナーの教育芸術の実践と普及活動を目的とした会です。

第2七年期の子どもを対象としたシュタイナー教育の場「子どもクラス(土曜クラス)」の運営母体であると共に、子ども達の成長を見守り、この活動を支える大人のアントロポゾフィー(人智学)の認識を深めるための学びの会です。

最新記事

月別アーカイブ

目次

カテゴリ

お問い合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カウンター

ようこそ土曜クラスのブログへ

ページトップへ